ブラック企業を避けて20代の派遣の若い女性は早めに正社員になるべき理由

喜ぶスーツの女性

20代の派遣社員っていうのは時代を反映しているのか多いいですね。私の会社にも派遣社員の女の子がいっぱいきます。あきらかに若い20代の娘も結構います。

この派遣の女性たち、しごとできるんですよね。うちのできない正社員よりよっぽてきぱきと作業をこなします。

最初の新卒の時点での就職に失敗したのか、それとも就職はしたけどそこがブラック企業だったりしたのかわかりませんが、

とにかく運悪く派遣になってしまったんでしょう。それか、自分で望んで派遣になっているのかもしれません。

派遣は時間的にも正社員より自由が利くので若いうちはそれほど苦労は感じません。やることさえやってれば生活はできますし、体が動けば何とかなります。その派遣先がいやだったらさっさと辞めて別の派遣先を探すこともできます。

正社員は責任も重いですし、残業もびっしりあって自分の自由があまりありません。その職場が嫌でも簡単に職を変えることもできないですし、ストレスもたまります。それこそブラック企業に入った正社員はもうすぐに限界になって辞めてしまうでしょう。

ただ、派遣は20代のうちはいですけど、30代以降は簡単にクビを切られたり、給料が伸びずにずっと時給制です。ボーナスもないですし、それこそ必要がなくなったら真っ先に切られるのが派遣です。

中高年の派遣は仕事のスピードも遅くなって、会社としては派遣でも若い人を摂ります。現に私が総務のころ派遣の採用を担当していましたが40代の派遣は最初から不採用でした。なぜなら、ほかにいくらでも20代の派遣社員が応募してくるからです。

派遣は給与の面もありますが、一番怖いのは「30代以降の年齢になると、派遣でも雇ってくれない会社が多い」ということです。

つまり、「働くことができない」もしくは「無職である期間がながくなる」ということです。残念ながら派遣は無職である時は無給になります。考えただけでも厳しい状況です。

20代の派遣女性なら、「結婚すればいいし、派遣のままでいいや」と思っている人もいるでしょう。

最近の男性でそこそこのスペックを持っている男性は、相当な美人でないかぎりきちんと正社員で働いている女性を選びます。

「そんなことで選ぶ男性はこっちから願いさげ」みたいな女性もいますが、これが現実なのでしょうがないです。

これからの時代は男女共働きでないと、やっていけない時代です。いわば女性も大事な収入の戦力です。そこでわざわざ派遣をやっている女性を選ぶ理由がないからです。

こんな理由があるので、20代の派遣の女性は正社員になったほうが良いです。もう一度言いますけど正社員になったほうが良いです。

そのあとどういう人生を歩もうと、一人で生きていく可能性もあります。その時、生活自体を送れないほと貧困になるのは想像以上に厳しい人生を送ることになります。

派遣社員から正社員になるには正社員になる意志の強さとアドバイスを受けて正しい転職活動が必要です

派遣社員のままでもイイかなと思って、ズルズルと派遣をやっている人が多いんですよね。

そのまま28くらいになってしまうと、女性は「結婚して専業主婦になればいいかな?」とか思ったりします。

ただ、今時の男性って派遣やバイトの女性を結婚相手には選ばないんですよね。

もちろん、学生時代から付き合ってて付き合いが長いとかいうなら話は別ですけど、新しい出会いとかでも、付き合うならいいのですが、派遣の女性とは「結婚」とかって考えにくいんですよね。

一番正社員として就職しやすい20代の時にあえて派遣をやっている「意味が無い」からです。

派遣はそもそも、いったん過程に入って子育てが終わった主婦が、再び働くときに選んだ記す就業形態です。

20代で就職が一番しやすい年代に、仕事が楽、責任が薄いからといって派遣で働いている女性とは結婚しようとはあまり思いません。

ちょっと偏見ぽいんですけど、男性の本音ってそんなもんですよ。結婚となると働き者の女性と結婚した位と思うのは当然と言えば当然です。

今の世の中残念ながら、男性だけの収入では暮らしていくのはむつかしい時代です。共働き前提の時代なんですよね。

だから男性も女性を働き手として見ているわけです。結婚て共同作業ですからね。

抜群のルックスとかがあるならこれも別ですけど、普通の女性が派遣のまま結婚に逃げたりすることはむつかしいです。

その派遣のまま30代になったりすると、そこから正社員になろうとも思っても辛いものがあるんですよね。

だったら20代のうちに正社員になってないと人生が詰む可能性が高くなってしまいます。

派遣と正社員の生涯賃金の差は2億円です しかも派遣ではいつ切られるかわからない怖い状態が続きます

派遣社員と正社員の生涯賃金の差は2億円と言われています。しかも非正規社員と正社員の給料の差は30代から40代にかけて極端に開いていきます。

これはもともと派遣社員は給料が上がらないということと、30代40代になると派遣社員が首切りにあって一定期間無収入だったりするのが大きな要因です。

20代前半までは派遣でも楽勝ムードですけど30代になったとたんに重い厳しい現実がのしかかってきます。

このグラフのように30代くらいから一気に収入の差が出てきます。

よくコンビニでどう見てもバイトなのに40代くらいの男性がレジも打っています。名札には「バイト」と書いてあります。

正社員で働いていれば、同級生には課長や部長になってそれなりの社会的地位にいる人もいるでしょう。その裏で

40代50代になっても、コンビニのレジやドラッグストアでのレジ、派遣での工場現場作業の単純労働をしている人もいます。

こういった人はまだいいです。派遣はバイトの仕事の仕事にもありつけずに、無収入でそれこそ厳しい生活を強いられている人も
います。

こういう状況に簡単に落ちることができてしまうのが今の日本の雇用状況です。別に私は正社員が絶対にいいというポリシーを持ってるわけではありませんが。少なくともこういう厳しい状況になる可能性が低くなるのが「正社員」というポジションだと思っています。

そのためにも20代のうちに正社員のポジションをキープしておくのはとても大事なことなんですね。

派遣社員から正社員への転職は転職エージェントを利用しよう

転職エーじぇんとは転職のプロのエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせてピクアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!